チャレンジャー滝川へ 特別展示~石油ヲ造レ~ 

以前から(ちょっと難しそうだけど)気になっていた人造石油
特別展示を開催してる!ということで・・・滝川へ!

滝川市美術自然史館で行われている「石油ヲ造レ」を見てきました。

PXL_20220803_032047321.jpg


1942年に滝川で初めて人造石油が作られてから80年の節目の年。
東洋一の人造石油滝川工場に関する貴重な資料や写真を見ることができました

のちに社長となる三井物産石炭部長だった渡邊四郎氏は人造石油滝川工場設立の始まりの人物。

ドイツへ渡りフィッシャー・トロプシュ法の研究から工場の土地取得、工員社宅に関することなど渡邊氏の強い思いが伝わるお話がたくさん紹介されていました

展示会場入り口にもあった社歌の作詞もされています。(会場内には社歌が流れています
PXL_20220803_032439890.jpg

原料となるのは石炭
PXL_20220803_032745252MP.jpg

最初に作られた研究所で実際に使っていた器具も見ることができました。
全国から若い優秀な技術者が滝川工場に集まったそうです。
PXL_20220803_034329584MP.jpg

武田化学薬品の文字が残っています。
PXL_20220803_034405951.jpg


1942年12月に初めて工場で作られた貴重な人造石油。残っているんですね
PXL_20220803_034501022.jpg

1939年に始まった建設工事、多い時には1日4000人もの人が作業に!
ボーリングや産油後も続いた建設の様子です。人力・・・凄いです
PXL_20220803_033718009.jpg

PXL_20220803_033741286.jpg

高級ディーゼルは『くろゆり』、灯油は『こざくら』
ラベルが渋い~
PXL_20220803_040244436PORTRAIT.jpg

そして、こちらのジオラマ!!
元教諭の方が作成したものですが・・・
素晴らしかったです
PXL_20220803_035336564.jpg

なんとも細かい!もちろん触れてはいけないのですが、思わず前のめりになって見入ってしまいました
石炭列車が可愛いサイズ!!いかに広大な土地だったのかよくわかります。
PXL_20220803_035830783.jpg

発電所もありました!
PXL_20220803_035724045.jpg

欠かせない石炭は貯炭場に。
石炭クレーン頑張ってます!!
PXL_20220803_040217603.jpg


事業案内は字体もデザインも素敵
PXL_20220803_040257988PORTRAIT.jpg

工場閉鎖後の解体の様子です。
PXL_20220803_040333248.jpg

工場設立に伴い、優秀な技術者、多くの従業員が滝川に集まり1945年の人口は24000人以上!
泉町の豊滝神社の奥には人石記念塔があります。
PXL_20220803_055157530.jpg

土台や囲んでいるレンガもコークス炉解体の際に出た耐火レンガだそうです。

自然史館で小冊子も購入できます
展示をみた後も読み返してゆっくり楽しめました
(なんと100円!)
PXL_20220806_024050891.jpg


お楽しみご飯は髙田屋さんへ
PXL_20220803_050851544MP.jpg

岡持ちが並んでいます。色んな種類があるんですね~
PXL_20220803_044735355.jpg

佇まいに惹かれ、偶然入ったのですが日本一のチャップ丼!?
ラーメンやオムライスも気になりますがやはり日本一を頂きます!
せっかくなので目玉のせチャップ丼
濃いめのたれにご飯が進みます
美味しかった~
PXL_20220803_045508063.jpg

特別展は8月21日までです!ぜひ滝川市美術自然史館へ!
チャップ丼もぜひ!

チャレンジャーでした


スポンサーサイト



明日の30日(土)は「炭鉱の灯り」 

炭鉱に関わってこられた方、まちの発展にご尽力された方、多くの先人への敬意の気持ちと、私たちがこの地で炭鉱施設の活用や保全などの活動をさせていただいている感謝の思いを込めてあかりを灯す「炭鉱の灯り」

20220729.jpg
※本日の道新空知版

今年は幌内鉄道開業140周年。
あかりを灯す場所は、旧三笠駅(クロフォード公園)です。
※ここは1882年の幌内鉄道開業時、幌内太駅でした。


跨線橋やホーム跡など周辺に、約400個のフロートキャンドルを灯します

キャンドル点火は18時半頃から。
消火は20時半頃を予定しております。
※キャンドル設置のお手伝いに加わってくださる方は、17時半にお越しください!!

キャンドルホルダーを並べて、水を入れて、キャンドルを浮かべ…
そして点火します。
お子さまでも大丈夫ですよ


クロフォード公園には広い駐車スペースがあります。
予約不要、出入りは自由です。

そして、敷地内のステージでは三笠市さまのご協力で、幌内線にまつわる映像、パネル展示が予定されております


NPO炭鉱の記憶推進事業団が設立前から続けている「炭鉱の灯り」は、今回で20回目の開催となります。

キッチンカーや出店や花火の打ち上げなどはありません。
写真を撮ったり、参加の方と会話を楽しんだり、ゆらゆら揺れるキャンドルを見守り、穏やかなひとときを過ごしたいと思います。

こちら方面へお越しの方、お近くの方、ぜひお立ち寄りください
なお、野外の催しではありますがご来場の皆さまには、感染防止対策(マスク着用。体調の悪い方はご遠慮ください)にご協力をお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。




奔別炭鉱ゲート開放(夏・お盆) 

暑い日々が続きます。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか??

さて、夏の奔別炭鉱のゲート開放は、
7月30日(土)、31日(日)、8月13日(土)、14日(日)、15日(月)の5日間です。

近くから建物を見てみたい、写真を撮りたい…と思っていた皆さま、今年度の公開はこの日程のみの予定ですので、どうぞお越しくださいませ。


公開時間は11:00〜15:00、予約不要・見学無料ですが、
初めて!!という方には、参加費300円のガイドツアーがおすすめです!

夏の奔別公開2022

11:30から13:30からの一日2回、約30分間のご案内をします。
各回、先着30名さまとさせていただきます。

敷地内を歩く距離はさほどありませんが、参加の方にはヘルメット(大人用)を着用していただくので、小さなお子様はご遠慮ください。


担当するガイドを紹介します
いつもの吉岡酒井北口の他、
今回はNPO会員から強力な助っ人2名が入ります!!

7/30(土)北口博美(NPO事務局長)
7/31(日)鹿糠昌弘(美唄中学校社会科教諭、子供達に「炭鉄港」を伝える授業を実践されています!)
8/13(土)酒井裕司(NPO常務理事、奔別担当)
8/14(日)吉岡宏高(NPO理事長、夕張市石炭博物館館長)
8/15(月)髙橋昭典(元住友石炭鉱業(株)石炭事業本部出身!)


それぞれ違った目線と持ち味で、日替わりガイドします
ご都合が良ければ毎回でもどうぞ〜!!




色内銀行街と小樽中央市場でなんと! 


前回に続きまして炭鉄港カードを求め、小樽 色内銀行街小樽中央市場を巡ってきました。

色内銀行街は重厚な建物がずらりと並んでいます日本銀行旧小樽支店は金融資料館となっていて、日本銀行の歴史や北のウォール街の歴史などの展示がありました。
PXL_20220708_053950685MP.jpg

辰野金吾、長野宇平治らが設計に携わり、1912年に完成した建物です。屋根には五つのドームがあり、外壁にはシマフクロウがモチーフとされる大きなフクロウが今でもしっかりと建物を守っています。

構成文化財の一つ、旧三井物産小樽支店(現松田ビル)は他の銀行街とは趣が違い、一階外壁の黒御影石のと白いタイルのコントラストが綺麗な建物!案内看板には「国際建築様式の単純明快な意匠」とありました。
PXL_20220708_054054656MP.jpg

中をちらりと・・・エレベータ左横には私設郵便箱、右手のエレベーター、階数表示、照明等々、いつか近くでじっくり見てみたいです
PXL_20220708_054137962.jpg

すっかり忘れてしまったのですがこの先、運河方面には構成文化財の一つ、旧三菱商事小樽支店(現小樽運河ターミナル)もありますね!日銀通り、小樽芸術村あたりで次回、一日使いたいです

松田ビル隣の小樽文学館にも立ち寄ってみました。建物の雰囲気も素敵な空間石川啄木など小樽にゆかりのある数々の文学者について展示がありました。
お代はお気持ちで・・・のセルフサービスのカフェがあり、大きな窓からお隣の松田ビルを眺めながら冷たいお水で一息ホットコーヒーもあります
PXL_20220708_051358719PORTRAIT.jpg

すぐ横には色内駅何度かの休止、再開、1962年に手宮線の旅客営業廃止で閉鎖となりましたが、2011年に復元されました。
PXL_20220708_052441116.jpg

手宮線跡地はフォトスポットや散策路としてすっかり根付いていますねこの日はウェディングフォトの撮影が行われていました~
PXL_20220708_052540108.jpg

小樽中央市場こちらも初めて!建物は3棟。小樽駅から食料から生活用品など様々な商品をブリキ缶にいれ、背負い行商へ向かったガンガン部隊の商品供給の基地でした。
PXL_20220708_040927490MP.jpg

空き店舗もありますが、おしゃれなお店やお肉、お魚、お菓子、ご自由にどうぞ・・・まで
PXL_20220708_042924830PORTRAIT.jpg

日本一のイカメンチはちょうど揚げたて!うれしい~と、色々買い物をする度に貰える緑の5㎝四方の紙。くじだから引いてってね~、なるほど!
くじは普通のお箸!?
PXL_20220708_042705952MP.jpg

4本中3本が当たりました(外れでもティッシュ貰えます)ハーブティーとぐるぐるでお馴染みのうずまきかりんとう(秋田、北海道のローカルお菓子だったんですね!!)なんと、一等の豚のばら肉まで当たりました地元密着の市場、素敵です!クーラーバッグ持ってて良かった・・・
PXL_20220708_042703564.jpg

帰りに寄った友人の喫茶店で話すと南樽市場も箸だよーと言われました。珍しくないんですね

もちろんがんがん部隊の展示も。大きな荷物を背負う力強い女性の姿になんだか元気をもらった気分
PXL_20220708_041828179.jpg

北海道中央バスのポスターには赤い星マーク☆
子どものころ乗ったバスには(バスガイドさんではない)こんな切符切りのお姉さんがいた記憶があります。
PXL_20220708_041818712.jpg

小樽もたくさん楽しみ、カードも全部OK!と思ったのですが、一枚足りない堺町通り商店街でもらい忘れました
商店街通りの蝦夷屋さんで美味しい海鮮丼は食べたのに・・・
PXL_20220708_030158813PORTRAIT.jpg

まだまだ先が長くなりそうな炭鉄港カードの旅・・・楽しみながらゆっくり進みます!

チャレンジャーでした


チャレンジャー小樽へ! 

炭鉄港カードを求め、今回は小樽へ行ってきました!実に三年ぶり、炭鉄港を知ってからは初めての小樽。楽しみです!
快晴の中、綺麗な海を眺めながら真っ直ぐ向かったのは小樽市総合博物館。
クロフォード像にご挨拶しつつ入場♪
PXL_20220708_023425650PORTRAIT.jpg

入口を抜けると、しづか号!!明治時代、開拓初期に幌内鉄道で活躍した蒸気機関車でアメリカ ポーター社製です。特徴的な煙突の形とカウキャッチャー、鐘など・・アメリカンタイプの機関車を間近で見るのは初めてでした
PXL_20220708_012446812.jpg

北海道で作られた一等客車「い1」。北海道炭礦鉄道手宮工場製作!車体にも中のストーブにも星のマークがありました☆
PXL_20220708_012959431MP.jpg

外の展示のは扇形機関車庫があります。写真左は1908年竣工の機関車庫一号。復元され現在はここからアイアンフォース号が出庫しています!右は1885年に竣工したレンガ造り機関車庫三号。明治30年代末の姿に復旧整備され、現存するものの中では日本最古です。
PXL_20220708_015134836.jpg

ちょっと裏手へ回ると・・・機関車に水を補給する貯水槽と引火性の強い物の保管庫として使われた石造りの危険品庫があります。
貯水槽
PXL_20220708_015514191.jpg

危険品庫は北炭時代の貴重なもの。裏手なので見落としてしまいそう~
PXL_20220708_034224360.jpg

起点標があります!幌内鉄道は開通から140年。ゼロ、、、ここが北海道の鉄道の始まりなんですね
PXL_20220708_021700923MP.jpg

アイアンホース号の出庫、転車台での方向転換、迫力ある走行も見ることができました!しづか号と同じアメリカのポータ社製の蒸気機関車。乗車もできるそうです
PXL_20220708_020843811.jpg

博物館を出て道路を渡ると1944年に廃止された高架桟橋へ至る線路の擁壁。
PXL_20220708_033521969.jpg

向かいの海岸には北炭ローダーの基礎部分も残っていて、旧手宮鉄道施設の面影をたどることができました。写真でしか見たことがなかったのですが、実際に現地に行くとスケールが違います
PXL_20220708_032954441MP.jpg

カード配布場所の田中酒造さんも小樽市指定歴史的建造物。こちらでは甘酒スムージーを購入。旧手宮線跡を眺めながら頂きました。
PXL_20220708_034708753.jpg

次回、色内銀行街と、小樽中央市場でなんと!編に続きます
チャレンジャーでした