【復活!】岩見沢シビックプライド探求部《石蔵ゼミ》のご案内 

【復活!】岩見沢CIVICPRIDE探求部です。

いつもお世話になっています。
理事長のヒラノです。

実は個人的なライフワークの一つとして、岩見沢の歴史等を「へぇ~~!へぇ~~っ!」と関心しつつ楽しく学ぶ場岩見沢CIVICPRIDE探求部を立ち上げ、その主宰としても活動しておりました。とはいえ近年はコロナ禍という言い訳と、本NPOの活動を最優先すべく完全休業状態だったのですが、今年は岩見沢開庁140年・市政施行80周年の節目ということもあり、せっかくなので何かやりたいと考えていたところです!

が、、日々に追われ、すっかり寒い時期になってしまいました。

そこでやっと重い腰が上がったわけですが、会場は我々の「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」にある、明治42年に建てられた石蔵の中で《石蔵ゼミ》と称して勉強会を開催します♪(ちなみに過去にやっていたときは岩見沢複合駅舎内のイワホ(現観光協会の場所)でやっていたので《イワホゼミ》と称してました。)


今年度は3週連続豪華バーションで実施。

岩見沢CIVICPRIDE探求部


①11月10日(金)18:30~
【岩見沢ト炭鉄港ヲ学ブ!】
~地域の歩みを未来へ活かすまちづくり~
(岩見沢CP主宰/NPO炭鉱の記憶推進事業団理事長 平野義文)

②11月17日(金)18:30~
岩見沢郷土かるた著者 和田高明が選ぶ
【岩見沢をつくった8人】
(極東古代史研究科/岩見沢郷土史研究家 和田高明氏)

③11月24日(金)18:30~
【岩見沢に辻村直四郎あり】
~辻村邸110年 ガラス乾板写真390枚を読む~
(辻村家資料研究会/元北海道教育大学岩見沢校教授 村田文江氏)


というラインナップです。
初回の炭鉄港ネタは、これまでの地域の歩みを基に《未来への希望》を共有できるような内容にしたいと考えています。2回目の「岩見沢をつくった8人」は、岩見沢郷土かるたの著者として有名な和田高明さんの中で厳選した8名について掘り下げる内容となり、恐らく岩見沢の知らないコトが沢山出てくると思います。3回目の辻村邸はぷらぷらまち歩きでもお馴染みですが、現存するガラス乾板をもとにそれぞれのエピソードや背景などを掘り下げると共に、辻村家の魅力を再発見できる、これまた「へぇ~!」が連発する内容になると期待しています。

どうぞお気軽にご参加ください!
もちろん、どれか一つだけでも、また皆勤賞でも如何ようにも歓迎です。

■参加は事前申し込み制で、先着30名様となります。
■参加費は1回につき1,000円です。
■お申し込みは極力下記フォームをご利用ください。
■お問い合わせは「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」
0126-24-9901(月・火休館)
〈注1〉会場は札幌軟石でできた本物の石蔵のため、冬季間はかなり寒いです。暖房は入れますがくれぐれも暖かい格好でお越しくださいね。
〈注2〉駐車場はありませんので、お車の方は近隣の有料駐車場をご利用ください。

*当会は岩見沢シビックプライド探求部&NPO法人炭鉱の記憶推進事業団の共催で開催します。
*もしかしたら各回終了後に希望者の方がいれば、一緒に居酒屋さんでも行きましょうか!というノリになるかもしれません(あくまで未定)。

ではお待ちいたしております!

スポンサーサイト



10月15日(日)は当NPOの原点的「ぷらぷら幌内」開催です。 

ヒラノです。

ぷらぷら大正名建築の翌日はぷらぷら幌内です。

題して
《幌内歩こう会に思いを寄せて》
~幌内景観公園を歩く~

10月15日(日)13時集合!
集合場所は、三笠鉄道村〈鉄道記念館〉駐車場

20231015幌内

ガイドは活動初期からのチャーターメンバー、NPO常務理事の酒井裕司さんです。

2001年6月9日 第1回「幌内歩こう会」が吉岡宏高前理事長の手で初開催されました。これが空知における炭鉱遺産を地域資源としたまちづくりプロジェクトの原点と言って過言ではないかと思います。

2004年には幌内炭鉱景観公園という活動ドメインが明確化し、それ以降、様々なメンバーが加わってNPO炭鉱の記憶推進事業団の礎となり、「幌内歩こう会」は「ぷらぷらまち歩き」へと繋がりました。

今回はそんな原点となる幌内炭鉱跡を、共に歩んだ酒井裕司常務理事のガイドにて、吉岡氏の思い出とともに巡ります。

参加費は一般1,000円、NPO会員500円(同行者も同額)です。
参加者制限はありません。ぜひ賑やかに巡りましょう!



*SNS等への写真掲載について

NPO法人炭鉱の記憶推進事業団ではぷらぷら歩きなどのイベント開催時に、記録としてその様子を撮影し、画像を当NPO公式ブログやFacebook、YouTube等のSNSで使用する事がございます。
ネット上に公開する写真は、人物の正面はできるだけ避けたもの、遠くから小さく写っているもの、なるべく後ろ姿のもの、などの配慮に心がけたいと思いますが、何卒ご理解ご了承くださいませ。
参加者個人のSNS等への投稿も、個人の方が特定できるような写真や動画などにつきましては、プライバシーの侵害にあたる場合もございますので、十分にご注意ご配慮くださいますようよろしくお願いいたします。
尚、どうしても写りたくないという方は、ご自身で対策等をされるなどして、参加をご検討くださいますようよろしくお願い申し上げます。


赤平で「がんがん祭り」ありますよ!! 

このお祭り、楽しみにされてるファンが多いのです!
赤平がんがん鍋協議会主催「がんがん鍋祭り」
今年3月26日(日)4年ぶりに開催です!!

gangan2023_page-0001.jpg

がんがん鍋は味の炭鉱遺産

かつて炭鉱長屋の石炭ストーブで、豚のホルモン豆腐野菜などを入れて
味噌ベースのスープで煮込んで食べていたホルモン鍋が、赤平の新名物として復活しました。
それが、昔懐かしいスタミナ料理「がんがん鍋」
炭鉱産業が栄えていた昭和20年頃、職場の同僚らがこの鍋を囲み、語り合い、励まし合いながら、日々の生活を送り、互いの信頼を深めていたそうです。
ストーブをガンガン焚いてガンガン煮込んでガンガン食べてガンガン語りガンガン働くという意味で、「がんがん鍋」
~赤平観光協会HPより~


お店によって味の違いがあるのでぜひ食べ比べてみて、お気に入りを探してください

3月26日は赤平へどうぞ~!

日時:令和5年3月26日(日)11:00~14:00
場所:AKABIRAベース前(赤平市幌岡町54)
当日チケット600円(2杯分)※前売りチケットは500円


あったかーいがんがん鍋で、
スタミナつけてがんがんガンバロ~!!



地元のお菓子と言えば・・・ 


夏休み・・お盆休み・・・地元へ帰省している方も多いのではないでしょうか?

帰ってくると食べたくなる地元ならではのお菓子ってありませんか?


岩見沢に引っ越してくるまで空知地方はほとんど行ったことがありませんでした。

炭鉄港を知り、必然的に空知のお菓子に触れる機会も増えました!(必然的にですよ~)


まず岩見沢では一久庵の 『ばら』 にびっくりしました!!


PXL_20220813091150878.jpg

パッケージにはごませんべい・・・

ごませんべいを食べる気持ちだったのですが、ん?抹茶

抹茶チョコがたっぷりサンドされている!

想像とは違う けど美味しい~

すっかりファンになりました

しっとりスポンジの 『大納言』 も美味しいですね~


空知地方のお菓子といえば・・・

(少ないですが個人的に食べたことがあるものです)


三笠 長栄堂いなば菓子舗 『ココナッツロール』
夕張 うさぎや菓子舗 『シナモンドーナツ』
同じく夕張の小倉屋の 『ぱんぢゅう』 も頂きました

20220811165029695.jpg

栗山 谷田製菓 『きびだんご』
月形 溝口菓子舗 『月形まんじゅう』
赤平 日高屋製菓 『秋楓美楽』
先日行った滝川ではおかだ菓子舗の 『モンモオ』 も美味しかったです!

PXL_20220804101850833.jpg

地元の方からするとおなじみのお菓子ですが今まで知らないものばかりでした。

そしてどれも美味しい~


ちなみに出身地の北見 清月では『赤いサイロ』が有名ですが、ロングセラーの 『蝦夷めぐり』 も好きです
写真がないものが多くてすみません

忘れられない地元のお菓子話話が尽きなさそうですね~


チャレンジャー(チャレンジさん)でした





チャレンジャー🤓三笠のお蕎麦は・・・ 

岩見沢に引っ越して来て早くも一年が過ぎました。

なんとも充実し、楽しく、濃い~一年でした!


先日、初めて幾春別の更科食堂へ行ってきました。

PXL_20220404_015554489.jpg

皆さんお馴染みですね!

11時の開店前から車がちらほら待っています。(私もですが

待ち時間に建物の雰囲気を楽しみます。

PXL_20220404_024730852.jpg

創業90年以上の更科食堂が閉店したのが2020年。

閉店を惜しむ声をたくさん聞くのと同時に事業継承を募集しているお話も。
継承者が決まり昨年再オープン、再訪した方のお話も聞いて興味津々でした
継承は味だけでなく、建物や店内もそのまま。
歴史や記憶を残し維持していくのは大変ですが、とても大切なことですね。
鏡もいい感じ~と思っていたら温度計が

PXL_20220404_020432978.jpg

住友石炭鉱業株式会社ではありませんか!奔別はもちろん赤平の文字もありました

はい!来ました!綺麗なもりそば!
PXL_20220404_021428011PORTRAIT.jpg
濃い目のそばつゆでズルズルっと!箸が止まらない美味しさであっという間になくなりました
ということで・・・追加のラーメン
PXL_20220404_02390819PORTRAIT.jpg
評判を聞いていてついつい頼んでしまいました。
シンプルな懐かし味!こちらも美味しくいただきました!
お客さんが続々と来店。活気ある店内、炭鉱がある時代はもっと沢山の人がたくさん集う場所だったんですね。
お子さんの姿も多く、帰り際に『美味しかったです!!』という元気な声が店内に響き、和やかないい空間。実際にこの場所に来てみて、地域の方々のお店を残したいという気持ちがよくわかりました。

住友奔別立坑櫓ももちろん!
PXL_20220404_014443546.jpg
変わらぬ存在感。緑がない今はゲートの外からでもホッパーやボイラー煙突も下の方まで見えました。
PXL_20220404_025014652.jpg
思わず、GHH社、立坑深度735m、高さ約51ⅿ、スキップ・ゲージが一対ずつ・・・等々炭鉄港検定試験WEB講座が蘇ります・・・(楽しく勉強できました!が、ムズカシカッタ~
先日のブログでも紹介したGWの奔別公開も楽しみですね!
詳細はこちらから

デザートは長栄堂いなば菓子舗さんのココナツロール
PXL_20220404_031001848.jpg

PXL_20220404_06300655PORTRAIT.jpg
一度頂いてからすっかりファンです
惜しみなくまぶされたココナツと優しいスポンジと懐かしいバタークリーム・・思い出すとお腹が空いてきます
いなばさんも昭和5年創業と歴史のあるお店。
ココナッツロールはお一人様20個までの案内がありました(さすが人気商品

雪が解け、緑がまだない今は遺構がよく見えるチャンス
さてさて次はどこへ行こうかな~とワクワクがとまらないチャレンジャーでした