いよいよ明日、11月19日(日)は… 

寒くなってきましたね。

道内の皆さま、タイヤ交換はお済でしょうか?

再度のお知らせです。
19日(日)、夕張でピアノを聴きながら心穏やかに一日を過ごしませんか??
400921942_244130672009319_1656548915878438964_n.jpg
夕張出身のピアニスト大山泰輝さんによる、ピアノコンサートが「夕張市石炭博物館」1階BANホールで開催されます。

冬季休館中の博物館を開館し、博物館入館(館内ガイド実施)とピアノコンサートが聴ける特別企画です。
さらに、大山泰輝さんと厚谷夕張市長の対談もあります

〇博物館の開館時間は13時より
〇館内ガイドは13時半からと14時から
〇ピアノコンサート&対談は16時から終了予定17時半(閉館18時)

おひとりさま1,000円となります。
お時間のある方はぜひ夕張へお越しくださいませ。

※なお、NPOスタッフ総出で夕張へ行きますので、この日の岩見沢のマネジメントセンターは臨時休館させていただきます。
どうぞご了承ください。

スポンサーサイト



秋の夕張市石炭博物館情報! 

理事長の平野です。

暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、見事に秋めいてきた今日このごろです。

今回は当NPOが指定管理者として運営させていただいている「夕張市石炭博物館」の情報をお届けします。

まずは1つめ!
夕張市石炭博物館秋の企画〈確定版〉

お盆中にも開催した「館内無料ガイドツアー」を学びの秋として再開します。

365588743_181593098263077_4595720218744356950_n.jpg

お盆のときはこんな感じで、1時間ほど館内を巡って、最後にドラムカッターの実演運転のガイドに合流して解散!

367713106_187667407655646_6876599850234445713_n.jpg

もし見足りない方がいれば、そのまま館内を自由に戻っていただいて、じっくりご覧いただける状況となります。

日程は下記の様になります。
(拡大してご覧ください)

スクリーンショット 2023-09-25 110336

担当は石川館長と私で交代で実施します。
やり方はそれぞれの色を出していく感じとなりますので、ぜひ両方参加してみても面白いかもしれません。多分、切り口は全く別のものになると思われます(事前打ち合わせなし)。。

今回は単なるガイドツアーのみならず、14時からはミニ講演会的なものもやっちゃおうと思います。あまり参加者が居ないと寂しいので、ぜひご参加ください♪

なんとなくの特徴としては、石川館長は初級から上級まで全対応可能です。よって非常にレアな質問等にも答えてくれるかと思います。私の場合は主に初級~中級ぐらいの方によりわかりやすく楽しんでもらうイメージでしょうか^^;

まぁ、せっかくの学びの秋なので、多くの人に楽しんでいただければ幸いです。

*本ガイドツアー参加は無料ですが、入館券は別途お買い求めくださいね。



そして2つめ!


夕張市秋のお節介ガイド〈確定版〉

週末に出没したりしなかったり・・という気まぐれ登場になると思いますが、博物館内を見学していると「おせっかい係」の腕章をつけたスタッフが勝手に背後に忍び寄り、優しく解説の言葉をささやくことがあるかもしれません。というのは冗談ですが、それとなく「勝手に解説」みたいに話しかけられる場面を作れたらと思っています。せっかくなので一人でも多くの方々に博物館の魅力、炭鉄港の魅力、夕張の魅力を知っていただければという取組になります。

もし迷惑な場合は、そっと「NO!サンキュー」といっていただければジワジワと離れていきます。

なお、チラシ上のキャラクターはネット上のフリー画像(イラストやさん)で、つい可愛らしいのを使用してしまいましたが、主な担当は私か石川館長になると思われますので見事にオッサンです。どうかご容赦ください。



こんな感じで、11月5日(日)が今期最終営業となり冬期間休業に入ってしまう夕張市石炭博物館を盛り上げていきたいと思います。どうぞお気軽にご来館いただければ幸いです。

お待ちしていまーす!


こちらのフォローも宜しくお願いいたします。

■夕張市石炭博物館facebookページ
https://www.facebook.com/coal.museum.yubari

■夕張市石炭博物館X(旧twitter)
https://twitter.com/coal_mus_yubari

炭鉱で働く女性たち 

夕張市石炭博物館の、今年度の特別企画展「炭鉱の夕張」

夕張の炭鉱の変遷や特徴が分かりやすく解説されていて、このBANホールだけで1時間以上かけてご覧になる方もいます!
内容が濃〜いので、夕張の炭鉱について詳しく知りたい方にはとてもおすすめです。
夕張坂ホール1
貴重な坑内図もありますし、、
これも面白い!「北菱鹿島炭鉱の水力輸送」
採掘された石炭を、川の向こう岸へ水力で送炭していたそうなのです!
これはへぇ〜!!です。
ぜひパネル展示をご覧ください



さて…
地下展示室へ向かうエレベーターに乗車する前、すっかり有名になった「捜検のおじさん」(親しみを込めてこう呼んでます)に会う事ができます。ここがおじさんの定位置になりました。
夕張そうけんのおじさん
おじさんについては過去のブログ記事でどうぞ!


エレベーターで地下1000メートル(実際には1000メートルではありませんのでご安心ください)の世界へ降りると…

ほぼ年代順に採炭の様子などがマネキン人形で再現されています。


まずは…
手掘り採炭の先山(直接石炭を掘る人)と後山(先山が掘った石炭を集めて運び出す人)。

女性がいる〜!
先山後山
明治から大正の初め頃まではツルハシだけによる「手掘り採炭」でした。
夫婦がペアで作業する事もあり、その場合は女性が後山を担当します。確かに…暮らしを考えると同じ時間に同じ場所での共同作業は効率的ですね。


こちらにも女性のマネキン
夕張女坑夫2
石炭を運ぶ女坑夫
スラと言われる大きな箱へ運び、そこから外へ出します。
この重労働の後に、女坑夫には家で食事の支度や育児などが待っているのです。
厳しい…。。

地域や炭鉱によって違いがありますが、北海道の場合、坑内で仕事をする女坑夫は非常に少なかったそうで、坑外での選炭(石炭を選別する)の仕事が主だったようです。

これに対して筑豊や三池などの炭鉱では坑内に入る女性労働者は多かったようです。女坑夫の仕事は採炭(後山、採炭補助)、運搬(石炭を運ぶ)、支柱(坑木など運んだり坑道の整備をする)などです。


夕張女坑夫4
こちらは通気用の扉をロープを引いて開けたり、閉めたりする役目の女性。
若い女性も多かったようです。

1928(昭和3)年に坑夫労補助規則が改正され、女坑夫の深夜業と坑内での労働が禁止になり、就業制限がされました(※例外あり)



こちらの様子は…
夕張女坑夫3
坑内での照明である「安全灯」の整備や点検をしている女性たち。
真っ暗な坑内で突然灯りが消えちゃったら大変です



筑豊の炭鉱で約50年働いていて、後に多くの「炭鉱記録画」を書き、ユネスコの記憶遺産にも認定された山本作兵衛さんの絵にも女坑夫がたくさん登場します。
その中には選炭作業の様子も。
山本作兵衛
※「炭坑の語り部 山本作兵衛の世界」より

選炭は、石炭とそうではない岩石等を両手を使って選別する事です。選炭の機械が登場するまでは、石炭の大きさも分類していました。

このように少数ながらも、女性も炭鉱で大事な作業を担当する存在だったのです

夕張市石炭博物館へお越しの際には、作業様子を再現しているマネキンにもぜひご注目ください


あ!!
当NPO副理事長が、、こんな動画を配信していますよ

これ、すごく面白いです 
石炭博物館へ行く前にぜひご覧ください!!


5/14から夕張市石炭博物館で特別企画展「炭鉱の夕張」 

先日「万字線沿線チェック&何だこれ〜」で、万字から丁未峠を下り、夕張へと入りました。

次に見えてくるのが、広大な敷地にてん、てんと何かの建物が…

ここはかつて、北炭夕張炭鉱の跡地に造られた巨大テーマパーク「石炭の歴史村」
アドベンチャーファミリー遊園地、ロボット大化学館、世界の動物館、水上レストラン、炭鉱生活館…少し離れた場所にもキャンプ場、フラワーガーデン、郷愁の丘ミュージアム‥など、沢山の施設がありました。

そのうちの一つ、SL館の屋根が見えますが、他のほとんどの施設は解体されました。
202205041.jpg
今はひっそりとした場所となってしまいました…。
※敷地内には入れません

G/Wともなると、かつては多くの人で賑わっていました。
遊園地は1983(S58)年〜2006(H18)年まで営業していましたので、大観覧車やゴーカートに乗った思い出のある方も多いのではと思います


さらに車を走らせると、石炭博物館へ向かう入り口が見えてきます!

そうです。
石炭の歴史村、敷地内に現存し唯一営業しているのが「夕張市石炭博物館」です!!

何もない広い敷地に一瞬戸惑うかもしれませんが…
(停留所:石炭博物館前の路線バスもあります→夕鉄バスHP
そこからさらに、どんどん道なりに進んでください!!
すると石炭博物館の駐車場に着きます

車を停めて、少しの坂を登り切ると…

202205042.jpg
到着ですよ〜
ようこそいらっしゃいませ


さて!
今年度のBAN HALL(石炭の大露頭を発見した坂市太郎にちなんだホール名)
202205043.jpg
5月14日(土)からの特別企画展
炭鉱夕張」バックヤードに保管されている所蔵品を蔵出しします


設営途中の様子を少しだけお見せします!!
202205044.jpg
夕張の炭鉱の系譜…

202205045.jpg
夕張新第二炭鉱とは…

202205046.jpg
そして、新鉱…
坑内図など貴重な展示も!!


直接、夕張の炭鉱に関わりのあった方には、様々な思いを巡らせる展示になると思います…。ぜひ、夕張の歴史として見ておきたい内容の展示だと思います。

2階の展示室からエレベーターに乗ると、マネキンが坑内を表現する地下展示室、そして最後はドラムカッターの迫力ある動きと機械音と元炭鉱マンや係員の解説!!

ぜひ、ちょっと興味を持って、パネルを読んでみてください!
何かな〜と疑問を持ったら、係員に聞いてみてください!!

せっかく来てくださったのですから、楽しんでいただきたい


外へ出ても見どころはまだまだあるのです!!
日本遺産『炭鉄港」認定の文化財が3つ、フェンス柵の向こうに見れます!!
202205047.jpg
「天龍坑」「採炭救国坑夫の像」
4/29撮影時はまだ雪が残っていました。


202205048.jpg
「石炭大露頭夕張24尺層」


夕張の炭鉱の歴史を知る事ができる特別企画展だけではなく、施設内、周辺の見学も楽しめますので、ぜひぜひお越しくださいませ


それから…
5/10(火)からは第二弾となる「炭鉄港カード」の配布が始まります。
石炭博物館は火曜休館なので、11日からの配布開始となります。
なんと、3種類のカードが配られますよ〜!
さらに!!有料でのご入館者にはプラスもう1枚、特製オリジナルカードのプレゼントがあります!!(どんなカードかなぁ〜



〜お土産におすすめ〜
博物館のフロント横にある物販コーナーに、並んだ商品の中に…
202205049.jpg
「石炭カステラ」発見!!
夕張の老舗「阿部菓子舗」さんの一口サイズの石炭をイメージしたカステラ。
発売当時、各メディアで話題沸騰中!名物アナウンサー絶賛!!(誰??)と言われていました。
チョコレートがふんだんに煉りこまれた、ずっしりしっとりしたカステラで、本当に美味しいんです〜ぜひ一度食べてみてください!


博物館で販売はしていませんが、もう一つ紹介します!
こちらは夕張土産の定番、「シナモンドーナツ」
2022050410.jpg
先日、会員さんからお土産でいただきました。
ん??「白ハーフ黒」??
初めて食べました〜!!白あんがあったのですね。
販売店でもあまり見かけませんので、ぜひ「うさぎや」さんでどうぞ〜

ぜひ、夕張でお楽しみください



夕張市石炭博物館、24日オープン! 

お待たせしました!!
20210423.jpg
いよいよ明日24日(土)より、今季の夕張市石炭博物館オープンです!


博物館の裏手の方にはまだ雪が残っていますが、、駐車場や路面は舗装がでているので大丈夫です

2021042400.jpg

岩見沢方面から道道38号線で万字を通って博物館へ向かおうとお考えの方、現在、峠は通行止めの解除はされておりませんのでご注意ください


さて、企画展は…
202104241.jpg
○夕張大露頭の発見者「坂市太郎」を巡る明治の地質屋群像
○炭鉱の電気力

この二本立てでスタートします
皆さまのご来館をお待ちしております。
(感染症対策にどうぞご協力くださいませ)

今年度もどうぞよろしくお願いいたします

詳細はこちら↓↓