こころを彫ること展 

美唄市にある野外彫刻美術館で、炭鉱の歴史を伝える場所でもある アルテピアッツァ美唄では、大理石や軟石などを使って「こころを彫る授業」を定期的に開催しています。

石と向き合い、自分のこころのカタチを彫る…。
どんな風に彫るのでしょう?
どんな作品が出来るのでしょう??

やってみたいな…と気になっている方、参加経験のある方、「こころを彫る授業」の魅力に迫る展覧会が開催されるそうです!

20210404.jpg
「こころを彫ること」

「こころを彫る授業」では安田侃さんが講師になる事もあるそうですが、授業で使っているイタリア産の大理石や、道具、そしてこれまで授業に参加した方々が彫った「こころのかたち」のパネルなどを展示するそうです。
「石と向き合う時間は自分を見つめる時間」と、安田侃さんが仰るそうで、参加者は自分の心と向き合いながら無心になって作品を作るそう…。

「こころを彫ること」展
期間:4/21(水)〜5/10(月)(4/27、5/6は休館)
時間:9:00〜17:00
会場:ギャラリー(木造校舎2階)

どんな「こころのかたち」があるのか、ぜひ展示を見てみたいです


ちなみに…
実際に体験する「こころを彫る授業」、来月は5/8(土)、5/9(日)です。
こちらは申し込み制・有料ですので、お問い合わせください!
アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137


詳しくはこちらをどうぞ↓

こころが穏やかになれる場所です。
少しまだ肌寒いかもしれませんが、のんびり、自由に、散策してみてください




11/29は、岩見沢で観光のセミナーが! 

11月はフォーラムやセミナーが多い気がしますが…

29日(金)に、このようなセミナーが開催されます!!

「世界水準の観光地の形成に向けたセミナーin空知」
page-0001 (724x1024)
世界水準の観光地の形成の実現の向けた取組等について、地域の方々と意見交換を行います。
基調講演では、北海道開発分科会特別委員で東京女子大学の教授、矢ケ崎紀子氏が「観光地域づくりにおける連携の重要性」をお話されます。

そして、事例発表・意見交換会では、「空知産ワイン」や「炭鉄港」など、地域資源を活かした新たな魅力づくりや観光振興に取り組んでいる方々が登場!
page-0002 (724x1024)

お一人目は、岩見沢市観光協会常務理事の大川伸二さんによる
「空知地域における観光の取組」

お二人目は、山﨑ワイナリー栽培責任者の山﨑太地さんによる
「ぶどう」づくりから農村文化づくりの可能性

そして三人目に…、炭鉱の記憶推進事業団の北口博美による
「炭鉄港」の地域づくり を、紹介させて頂きます

空知におけるインバウンド観光促進や世界水準の観光地の形成に向けた取組や多様な連携について、どのような意見交換会ができるのか…空知地域の可能性はどうなのか…

どんな発言が飛び出すのか(?)楽しみです

日時 11月29日(金)15:00~17:30
場所 空知総合振興局4階 講堂
入場無料、定員80名

※どなたでもご参加可能です!
ご希望の方は北海道開発局開発監理部開発連携推進課 長南さん 佐藤さんまで、お申込ください!!
TEL011-709-2311(内・5441/5442)

空知で観光業務に携わっている方にはぜひ、一般の方で興味ある方にも、ご参加いただければと思います





11月22日(金)赤平で鉄道フォーラム 

JR根室線滝川ー新得間の沿線7市町村でつくる「根室本線対策協議会」が主催の「鉄道フォーラムin赤平」が開催されます!!


R01-11-04_page-0001.jpg


根室線の利用促進策について考えるもので、講師は炭鉱だけではなく鉄道についても詳しい、吉岡りじちょーです。

講演タイトルは、、鉄路の果たす役割〜日本遺産「炭鉄港」に学ぶ〜                  


11月22日(金)14:00〜15:20

入場無料;予約不要

場所は赤平市交流センターみらい(JR赤平駅に併設されています)

お問い合わせは赤平市企画課 0125-32-1834


講演に合わせて、赤平で昼ランチして、炭鉱遺産ガイダンス施設など、市内見学をしてみませんか??





【三笠市立博物館】ゴールデンウィークイベント 

ゴールデンウィーク期間中
三笠市立博物館にて
「 化石博士になろう!2019GW」
が開催されるそうです~♪

三笠01

4月27(土)~29日(月・祝)
「探検!はくぶつかん」 
13:00~13:45
定員20名

5月3(金・祝)~6日(月・祝)
「化石クリーニング体験」 
9:00~16:00

「化石レプリカ作り体験」 
9:00~16:00

「展示解説ツアー」 
11:00~11:30
14:00~14:30

化石について楽しく学べるイベントがイロイロですね

三笠02

ゴールデンウィーク期間中ですが、
4月30日(火) は休館日だそうです。

イベント詳細については 三笠市立博物館HPをご覧くださいね!
http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/museum/


こちらのチラシは、マネジメントセンターにも置いております
そして、マネジメントセンターはゴールデンウィーク期間中
休まず営業します
ので、どうぞお気軽にお立ち寄りください
お待ちしております~

【赤平】ガイダンス情報&イベント情報! 

こんにちは!赤平から来ているスタッフのカニです
そろそろ春だな~と思って車で出勤すると、猛吹雪でした。季節を見誤りました……。


さて、そんな多分もうすぐ春になる赤平の情報をお届けします!

190227kani (11) 

情報その1.「掘り出された石炭のゆくえ展」間もなく終了!

3月1日のブログでお知らせしておりました、赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設で行われている企画展「掘り出された石炭のゆくえ展」が3月31日(日)で終了します!
赤平で掘り出された石炭が、どうやって、どこに行って、何に使われていたのかを順を追って展示されています。

190227kani (1) 

▲SL弁慶号の模型が目を引きますね!

この機会にぜひガイダンス施設にご来館ください!
そしてNPOで運営しているカフェにもぜひお立ち寄りくださいね(=゚ω゚)ノ

※ガイダンス施設及び企画展の主催は赤平市教育委員会です
お問い合わせは赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設(0125-74-6505)まで

情報その2.ガイダンス施設の9月までの開館日

180726kani.jpg 

「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」の9月までの開館日が公開されました!

53283345_1136890843177546_5931275799129751552_o.jpg 

気になるゴールデンウィークの予定は…30日(火)・1日(水)は休館日となっております!
つまり、ガイダンス内にある私たちのカフェ&物販もお休みとなります。

ゴールデンウィークに炭鉱めぐりをご予定されている方はお気をつけくださいね~!


赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設
住所 赤平市字赤平485番地
電話 0125-74-6505
ファックス 0125-74-6508
開館時間:9時半から17時(入館は16時半まで)
休館日:月曜日及び火曜日(祝日に当たるときは直後の平日)・年末年始
入館料:無料

情報その3.「らんフェスタ赤平」が開催!

190327kani1.jpg 

国内有数のコチョウランの生産地でもある赤平で
「らんフェスタ赤平」が4月12日(金)~14日(日)に行われます!

道内のランの栽培家の方々の素晴らしいランの数々が展示され、お花屋さんではランを買うこともできますよ
また、中空知の物産展も開催されますので美味しいお菓子などのお土産も買うことができ、外には屋台も出店しますよ~!

昨年らんフェスタが行われたころはまだ「ガイダンス施設」が無い頃だったのですが、昨年はTANtanと市教育委員会が協力してらんフェスタ会場発着の炭鉱遺産ガイドツアーを開催しました。

190327kani2.jpg 

今年はガイダンス施設が出来ておりますので、らんフェスタ会場とガイダンス施設間のシャトルバスが運行される予定だそうですよ~!
らんを楽しみつつ、ガイダンス施設にもぜひ足を運んでみてくださいね。

らんフェスタ赤平


■開催期間
 2019年4月12日(金)・13日(土)・14日(日)
■入場時間
 午前9時30分~午後5時(入場時間は午後4時半まで)
■会場 赤平市総合体育館
 〒079-1142 北海道赤平市東大町3丁目4番地
 電話:0125-33-7750 FAX:0125-33-7752
■料金
 おひとり様/1日券
 前売り:1,000円 当日:1,300円
 ※高校生以下入場無料
 夕方割 15:00~ 当日:1,000円
■お問合せ
らんフェスタ赤平実行委員会事務局
TEL.0125-32-1841 (赤平市商工労政観光課)

チケット等、詳しくはらんフェスタ赤平の公式ホームページでご確認ください。

※「らんフェスタ赤平」は、らんフェスタ赤平実行委員会が主催です。
お問合せ等は上記までお願いいたします。

皆様ぜひ赤平にお越しくださいね~!ヾ(・∀・)ノ