石蔵の展示について 

先日まで石蔵で開催していた、
そらち炭鉱遺産の入口−湖底に沈んだ大夕張に代わって炭鉱と出会うキッカケ−」

多くの皆さまにご来館頂き、誠にありがとうございました
大夕張にゆかりのある方も多くいらっしゃって、今は見られない大夕張の風景を懐かしんでいました…

IMGP5849.jpg

そして2階の「空知管内に現存する炭鉱関連遺産134ヶ所」
こちらでは、行ったことのある場所をチェックして頂きました。

一番多かった方は…
なんと、128ヶ所(美唄在住のOさん)

100ヶ所以上の方が5名いらっしゃったのですが、
行った事のない場所というのが共通して、4か所ありました。

北漸寺
円福寺
二か所のお寺とも月形にあり、本堂が樺戸集治監の囚人の手により建立されています。
(※お寺ですのでお参りに訪れる際には、ご配慮ください)
月形町観光協会HP

月形スギ保護林
明治23年に樺戸集治監開庁10周年の記念植樹のスギ林で囚人の手により約600本が植えられています。
月形町観光協会HP

滝川人造石油資料
滝川市郷土館に所蔵の資料です(※開館日にご注意ください)
滝川市郷土館HP

月形は樺戸博物館をメインとして、明治期からの北海道について、多くの学びができます。
ぜひゆっくり訪れてみたいです…


(OLでした)

※尚、石蔵の展示は次の展示までそのままにしておりますので、見逃した方はどうぞ…!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yamasoratan.blog.fc2.com/tb.php/2501-51c322d0