カフェメニューに、コアップガラナ登場! 

マネジメントセンターのカフェコーナーでは、
紅茶やコーヒー、カプチーノ、ジュースなど、様々なお飲み物をお出ししています

このカフェコーナー、OLのセレクトで、
ときどき「北海道限定!」の商品が登場することも…
リボンナポリンや、夕張メロンソーダフロートなど、なかなか好評でした

19074880_831861073630704_1228601996_o.jpg


そして最近は、メニューボードにコアップガラナが登場

北海道の方なら、ガラナはお馴染みの味?
とはいえ、ガラナはブラジル生まれの清涼飲料水。
アマゾン流域の植物「ガラナ」から作られ、先住民の薬用品として伝わっていたものを、
メーカーが製品化したのだそう

19104860_831859623630849_759616258_o.jpg

そんなガラナが、なぜ日本の商品に…?
というきっかけは、昭和30年代にさかのぼります…
昭和30年代前半は、日本にコカ・コーラが進出したころ
それに対抗すべく、全国の清涼飲料水メーカーが、統一銘柄を作ることを考え、
当時コカ・コーラの進出に苦戦していた、ガラナ普及の地 ブラジル(大使館)に協力を依頼し、
「コアップガラナ」は開発されました

「北海道限定!」と銘打つのは、北海道は本州に比べて、コカ・コーラの進出が2~3年遅れ、
先に北海道で定着したのがコアップガラナだったため
日本のガラナも、肥満予防や、疲労回復に効果があるそうですよ♪

マネジメントセンターでは、ホットコーヒーが一番人気ですが、
気分を変えたいとき、北海道限定コアップガラナはいかがですか?
ひとまず、期間限定でお出ししています

(ぼーいっしゅ)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する