気になってやまない、ジンギスカン鍋! 

年末ですね~!!
大人数で集まる機会も多いと思います

冬はアツアツの鍋を囲んで一杯…もいいですが、
北海道ならやっぱりこれもお忘れなく…!!
それは…「ジンギスカン」

DSC_4111 (1024x766)

今月の北海道発掘マガジンJP01の特集は「北海道のものづくり」

ジンギスカンのが、気になってやまない編集者(ホンマさーん!)が、岩見沢市栗沢町万字にある「ジンギスカン鍋博物館」に行ってきたそうです

DSC_4112 (1024x748)

ジンギスカンの鍋は道内でも地域によって違いがあるんです。
万字の博物館には、本当に様々な形の鍋があり、現在、265枚を収蔵、展示しているそう


食べ方(味付き、後付け、煮込み)にも違いがあります。

今、ジンギスカンを食べる時、鉄板やアミを使いませんか??
家だったら、フライパンや電気プレートでやる事も…
ついつい、後片付けが大変なのでラクしてしまいますよね。

ですが、
あの、懐かしの、ジンギスカン鍋を使ってください!!
お肉の味、やっぱり違うんです

そして、
焼く時は、お肉を返すのは1度だけをおすすめします
何度も表裏を返して焼いていたら、硬くなりますよ~(ジン鍋博物館の溝口館長に教えてもらいました)

あ、、、
なんだか、ジンギスカンの食べ方ばかりになってしまいました。

DSC_4109 (1024x766)

北海道発掘マガジンJP01は、ページ数も多く、北海道ならではの内容も充実しているのに、なんと、無料で配布されているのです!!
道の駅や高速のSA、観光案内所など…見かけたらぜひGETしてください


ちなみに、
ジンギスカン鍋博物館は冬期休館中なので、春までお待ちくださいね

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yamasoratan.blog.fc2.com/tb.php/2930-82756fe3