あなたの知らない空知の情報をお届けします!

0 コメント

第1回 "炭鉱の記憶"体感型ライヴ

本日は石蔵でライヴが行われました
「第1回 "炭鉱の記憶"体感型ライヴ」
出演は、岩見沢ノイズサミットの3人!!
Tomikawa Kenta(ベース、エフェクター)
Kim Yooi(テナーサックス、パーカッション、エレクトロニクス)
Yoshida Nonoko(パーカッション等アナログ担当)

DSC_4215 (768x1024)

準備も整い、受付が始まりました!

DSCN6742 (1024x715)

CD販売もありました~!!

DSCN6741 (1024x715)

先着15名までのかたには、美唄市、角屋の袋入りやきそばをプレゼントしていました

DSCN6740 (1024x763)

1st、15番目のご来場者
調理いらずで、箸いらず、そのまますぐに食べられる、袋入りのやきそばです


演奏が始まる前の会場はこんな感じで…

DSCN6765 (1024x760)

音楽が始まると、照明は消され、

DSCN6760 (1024x759)

3人のキャップライトの灯りと、カンテラ風のライトだけ…

会場内に響きわたる音は、何と表現したらいいのやら‥
体中にズシン、ズシンときて、いろいろな音が重なり合っている。

音楽を浴びている‥
圧倒されました

皆さんはどう感じたのでしょう??

そして私は炭鉱の坑内を、しっかり感じました…

炭鉱マンが歩いてる!?
坑内で黙々と作業をしている…!!

そんな景色も見えました。



これは実際に生で聞いてみないと伝わらない、まさに体感型ライヴ

DSCN6753 (1024x768)

さて、本日、聴き逃した皆さん!!
5月28日(火)に、
「第2回 "炭鉱の記憶"体感型ライヴ」が開催される事になりました

page-0001 (724x1024)

第2回目は、本日の3名に加え、2名のゲストが参加!!

おひとりは、東京を拠点に世界中で活躍されている「さがゆき」さん
声を楽器として扱うボイスパフォーマーだそうです!!

もうおひとりは、トルコ出身・ベルリン在住のチェロ奏者「アニル・エラスラン」さん
クラシック、現代音楽、ジャズなど、様々な音楽を演奏し、世界中のミュージシャンとコラボしている方!!

5月のライヴも、どうぞご期待ください

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索