あなたの知らない空知の情報をお届けします!

0 コメント

別子銅山へ ひとり視察②

別子銅山見学の様子を2回分けで紹介しております。
1回目はこちらから↓↓

本日紹介するのは東洋のマチュピチュと呼ばれる、東平(とうなる)エリアです。

東平はマイントピア別子から車で約30分の場所にあります。
マイカーやレンタカーで行く事も可能ですが…カーブも多く、とにかく道幅が狭く、対向車が来たらすれ違う事ができない場所もありバックしなければならない事も。
行ってしまったら頂上まで進むしかないので、バスにしておけば良かった…と、きっと後悔すると思います…!

ですから行く時は断然、マイントピア別が運行している、安全・安心・ガイド付きの観光バスに乗車される事をおすすめします
20201025.jpg
(積雪や路面凍結の場合や冬季間は通行できませんので、観光バスも運行中止していますのでお気をつけて)


ゆらりゆらり、車の中でゆられ続けて…

標高750mの山中にある東平地区へ到着。
大正5年から昭和5年までの間、採鉱本部が置かれていて、昭和43年に休止するまで、この山の中に学校や社宅や劇場などたくさんの建物があってまちの賑わいをみせていたそうです。
最盛期には4000人に近い人々が暮らしていたそうです。

現在は住んでいる人もなく、いくつかの鉱山施設跡などが残っているだけ…。
202010251.jpg
こちらは小マンプ。短いトンネルの事を言います。
現在は、鉱山で使用していた運搬機器を展示する空間となって活用されています。


202010252.jpg
ひとを乗せたかご車。坑内と行き来する人車で、鉱山で働く人以外も無料で乗車できる重要な交通手段であったそう。


こちらは索道バケット
202010253.jpg
東平〜端出場などに架設された索道に使うバケットで、電気を使わない重力差を利用した自動複式で、東平からは鉱石を降ろし、端出場からは生活物資をあげていたそう。


202010254.jpg
他にも、坑木の運搬台車や鉱石をすくって積み込む機械や、スラッシャーなども展示されています。


写真やジオラマで別子銅山の様子を紹介している東平歴史資料館はこの日休館日でしたが、ツアーの時間帯には特別に開けてくださいました
時間がないので、サッと内部見学後…


お待ちかねの…
これです↓↓
202010255.jpg
「東洋のマチュピチュ」

索道基地、選鉱場、貯鉱庫跡などが残っていて、まずは上から見下ろします。
202010256.jpg
巨大な施設跡…!
後ほど下に降りて、目の前で見ることができます。


下へ降りる前に…
このような透明アクリル板が置いてあります。
撮影がうまくできずズレてしまいましたが…、きちんと見ると、遠くの山の尾根通りに白い線が引いてあり、この場所に日本初の山岳鉄道が敷かれていたとあるのです。
202010257.jpg
こんな山の中で?
あんな傾斜の地に鉄道が走っていた??
なんとあの山へ登山できるそうです橋脚などの鉄道遺構も見れるとか…(何時間かかるのやら…

202010258.jpg
当時、山を走っていた写真も掲示されていました!
崖がすぐ横に…。コワ過ぎます…

「別子鉱山上部鉄道」と検索すると、いろいろでてきますよ〜

周辺を散策すると、この山一帯には学校跡や石積みされたまるで城壁??などいくつもあるようですが、滞在時間が約1時間しかないので、メインの見学場所へと進みます。

この階段を降りて行きます…
202010259.jpg
ここはインクライン跡の傾斜を利用して整備された階段です。


さらに下を見ると、住宅の跡が確認できます。
2020102510.jpg
炭鉱住宅と同じように、長屋に何軒もの家族が暮らしていたようです。


近づいてみましょう〜!!
2020102511.jpeg
貯鉱庫、索道基地など、赤レンガで作られています。
迫力ある施設…

2020102512.jpg
近くで見るとその大きさに圧倒されます…。


2020102513.jpg
採掘された鉱石は、選鉱場へ運ばれ鉱石と岩石に選別された後、貯蔵庫に貯めて、索道で下ろされていたのです。
最終的には新居浜市の沖合い、約20キロにある四阪島の精錬所まで運ばれていたとの事です。


まだまだ沢山の遺構があるようですが、この辺でタイムリミット…


まさに、百聞は一見にしかず…
機械化もまだ進んでいない時代、こんな施設が建てられるなんて。こんな事ができるなんて…。
実際に現地へ行って、見て、その歴史や施設跡などからストーリーを感じてみてください




〜おまけ〜
東平を満喫(もっと時間がほしかったですが…)した後は、マリントピア別子に戻り、施設のレストランで遅いランチをいただきます〜
2020102515.jpg
こちら、イチオシと書いてあった、新居浜太古台をイメージしたかき揚げがどーんとのってる「どんでん丼」
美味しいのですが、かき揚げが大きくて高さがあって、食べるのにちょっと苦労します
マリントピアに行ったらぜひどうぞ〜



関連記事
スポンサーサイト



コメント

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

道央のお天気

FC2カウンター