「炭鉄港 紹介DVD」でお馴染みの… 

「炭鉄港」が日本遺産に認定される前の、ほとんど誰にも(関係者以外は)「炭鉄港」が知られていなかった頃…


多くの方に広く「炭鉄港」の魅力を知ってもらうため、2018年の夏にPR用のDVDを空知総合振興局が制作しました。

そのUチューブ動画がこちら↓↓※音楽がすぐ始まりますのでご注意を

小樽出身の落語家、林家とんでん平さんが出演して楽しい雰囲気で解説してくれています。
実はとんでん平さん、「炭鉄港」や「炭鉱の記憶」とも繋がりがあるのです!!
とんでん平さんは小樽出身で、機関区の近くに家があったそうです。子供の頃は手宮線にコロコロと石炭が落ちていた…などの記憶もあるそう。

炭鉱遺産の歴史的な価値を見直し地域の活性化などに役立てようと、元日本炭鉱労働組合の方々を中心の結成された団体の「北海道炭鉱遺産ファンクラブ」(※2014年に解散されました)の皆さまとの繋がりから、赤平や三笠で創作落語「炭鉱の情」を開かれた事も。

その時の記事↓↓

そんなとんでん平さんが昨日、マネジメントセンターを訪問してくださいました!202012021.jpeg
今回のご縁を繋いでくださったのが、北村温泉支配人の渡さん!(現在改修工事中。来年3月頃リニューアルオープン予定!楽しみです

渡さんのご友人の後藤さんという方がとんでん平さんと繋がっていて、「マネジメントセンターに興味を持ったようで行ってみたい!!」という流れになり、とんとん拍子に話が進みました!!

202012022.jpeg
「明日とんでん平さんがいらっしゃる事になりました~!」と吉岡りじちょーに報告したところ、「行く!!」と即答しセンターでお迎え

202012023.jpeg
いつもDVDを見ていたので初めて会った気がせず…「わー!本物だ~!!」という感じ…


大雪の中、岩見沢にお越しいただき、皆さま、本当にありがとうございました。
コロナが落ち着いたらぜひ岩見沢で創作落語「炭鉱の情」を聞いてみたいです…!
今後ともよろしくお願いいたします!



202012024.jpeg
後藤さんにお土産いただきました。ありがとうございました!!
コッペパン専門店の「でぶぱん」??パッケージもかわいい
昔よく食べていたコッペパンとは全く違い(当然か…)、ふわっとしていて小麦の香りがとてもよく、私はフルーツをいただきましたが、生クリームたっぷりで美味しい~!調べてみると札幌の麻生にしかお店がないようですがおすすめですよ~!ごちそうさまでした!

関連記事
スポンサーサイト



コメント