道の駅あびらD51ステーション、おすすめ〜!! 

空知にもたくさんの道の駅がありますが…2019年4月にオープンした安平の道の駅は、ちょっと立ち寄りではなく、ゆっくり見に行きたい道の駅です!

一般的な道の駅も、農畜産品や加工品などの特産品の販売等しているところは多いですが、「道の駅あびらD51ステーション」は、物販だけではなく、地域の観光情報、歴史・文化情報等を集結させ、町内外の交流やつながりを生み出す事を目的としています。


なぜSL??
名前が「D51ステーション」なのかと言うと…??
追分地区は鉄道拠点として発展したまちだからなのです。
20210706.jpg
かつて国鉄は「鉄道の町」として日本で12のまちを認定していました。北海道では2つのまちだけ。
それが、岩見沢と、追分(現在の安平)なのです。

ホールの奥には鉄道資料館があり、日本遺産「炭鉄港」にも認定されている「蒸気機関車D51 320号機」がガラスの向こうに見えます!
見えるSL倉庫って、いいですね!


国鉄OBの方々が手入れされているので、とてもいい状態でピカピカですよ!!
202107061.jpg
「油で磨かれているため、さわるとベタベタにテが汚れます」と注意書きがあり、車体の下には新聞紙や布が敷かれています。


今の時期は日時限定で、このD51が屋外に出てくる日もあります。
20210769.jpg
屋外にはベージュ色の特急列車が展示されているので、2台並んで見れる時があります!その日にあたればラッキーですね


資料館やギャラリーには鉄道関連グッズが展示されています。
202107068.jpg
追分機関庫の貴重な写真。


鉄道にちなんだクイズなども流れています。
202107063.jpg
これ、意外に難しくて…勉強になる!!


鉄道関係はこの資料館やギャラリーだけではありません!!
特産品コーナーもパンコーナーも、違和感なくステキに「鉄」っぽいのです。
202107062.jpg
壁にもSL〜!
テーブルの足も動輪??

お土産も関連商品がたくさんあります。
有名なもくもくD51ソフトクリームがあったり…
あんパンの中心に、動輪の焼き印が押してあったり…


202107064.jpg
パーテーションのように使用されているのれんもD51デザイン。
すごくかわいい〜


遠くの方へ発送用に…
オリジナルの箱もこんなカッコイイ!
202107065.jpg
この箱を本棚とか、何かの物入れに使うのも良さそうですね。


自販機も〜!!
202107066.jpg
すごいですね〜!!
さりげなく昔の駅弁についてきたポリ容器のお茶なんか入っていたら、それ買っちゃいそうです

ドアにも…トイレにも…よ〜く見ると、「鉄」っぽいデザインがありました
きっとまだまだありそうです。
探すのも楽しいかも…!


こんなにいろいろな「鉄」で楽しませてもらったら…
202107067.jpg
お土産ももちろん、こんな感じになりますね〜!!


イベントなども行っており、道の駅あびらD51ステーションは、ぜひおすすめしたい道の駅ですよ〜
詳しくはこちらをどうぞ→https://d51-station.com/






関連記事
スポンサーサイト



コメント