盆おどりのやぐら模型 

今年も様々なイベントが延期や中止になっていますね…。

こんな中…元炭鉱マン齊藤さんが「模型の新作ができたよ〜!」と言って大きなモノを持ってきました!
DSC_8891.jpg
太鼓?!

DSC_8896.jpg
はしご?

DSC_8887.jpg
これは…

DSC_8886.jpg
約1メートルある、盆おどりのやぐらです。

これは幌内のやぐらとの事。製作期間は約2ヶ月。
太鼓も手作りだそう!!角材を削って作ったとか…。
幌内中央町の太田金物店の近くにグラウンドがあり、かつてはそこで盆踊りをしていたそうです。実物は電飾とか提灯とかついていたようですよ

上に太鼓の人たち、中間には歌う人たち、そして櫓を囲んで何重にも輪ができて踊っていたそう。


齊藤さんからご寄贈いただいた写真を見ると…
実際には5メートルくらいの高さがあったのかも??
20210822.jpg
櫓を建てた大工さんたちが記念撮影されたそうです。
こちら、違う年の櫓↓↓
202108221.jpg
毎年、櫓を建てて、終わったら解体して…という事を繰り返していたそうです。大変ですね…!
炭鉱まちで櫓の高さを競っていた、という話も聞いた事があります。

今年は中止になってしまいましたが、三笠は北海盆踊り発祥の地として、中央公園に約10メートルの大きな櫓を作り、盆おどりの他、花火大会や石炭を担いで走るレースなども行われています。

来年は盆おどり、できますように…!!

関連記事
スポンサーサイト



コメント