チャレンジャー炭鉄港巡り~砂川方面~ 

お久しぶりになってしまいましたが・・・

地味に続いております!チャレンジャーの炭鉄港巡り
今回は砂川方面へ行きました

東洋高圧工業㈱をフェンス越しに。(現在は北海道三井化学工業)
PXL_20210531_015925722.jpg
世界ではじめて肥料用尿素の生産を開始した東洋高圧工業。炭鉱同様、当時は住宅から病院があり、ひとつの街のような賑わいだったようです。

PXL_20210531_035012256.jpg

1968年完成の旧三井砂川中央立坑櫓も健在

1987年に閉山した後、1991年に開設した地下無重力センターとして利用され、閉鎖となった現在は使われていませんが立坑は当時と変わらない姿を見ることができます。

三井鉱山砂川鉱業所の標語塔。この場所は鉱務所があった場所です。
FB_IMG_1629514157557.jpg

ドラマ「昨日悲別で」の舞台となった上砂川駅。
FB_IMG_1629514176198.jpg

PXL_20210531_035701629.jpg
1994年に上砂川支線が廃止となりましたが、駅は移設され現在の場所に残っています。
悲別駅の看板もありますね!ドラマ放映当時は観光客も多く訪れたそうです。
残念ながら駅の中には入れませんでしたが、ドラマの名シーンの写真がたくさん飾ってあるのが窓から見えました。

かみすながわ炭鉱館は開館の日時が限られており、入れず・・・周辺を見て回りました。
昭和20年に作成された坑夫像は実際の炭鉱夫をモデルにしたそうです。
PXL_20210531_041721966.jpg

三井鉱山の社章が残っています。
FB_IMG_1629514197382.jpg

ズリ山と炭鉱殉職者慰霊碑。
PXL_20210531_042002357.jpg
私自身、はっきりとした三角形のズリ山は初めてで感動しました。白い煙があがっているのも見えました!
FB_IMG_1632362243981.jpg
これほど大きなズリ山が形成されるほど石炭が掘り出されていたということに改めて石炭産業の偉大さを感じました。

ぐるりと見渡せる広々とした中にポツンポツンと遺構があり、当時は辺り一帯が炭鉱施設だったのですね
第一立坑も2003年に解体されています。ほかの地区もそうですが、炭住なども雪などで傾いているものも多く見かけます。今残るものをしっかりと見ておかないと!!と強く思いました!!(ルールは守り、熊に注意しながら・・ですね)

道中のお楽しみご飯は口福厨房さん(^^♪
美味しく頂きました
Collage 2021-09-23 13_34_44
関連記事
スポンサーサイト