「炭鉄港」特別企画・小樽でスイーツ全部めぐり!! 

10月末までですが…
小樽で炭鉄港特別企画!!
「昭和レトロな秋のスイーツ祭り」が開催されています!!
20211023145513_page-0001.jpg
このチラシを見た時…小樽とスイーツ好きとしては「これは行かねば!」と瞬時に思い、「炭鉄港スイーツカード」を集める事を主目的に10店舗巡ってきました

指定された10店舗の、そこでカードがもらえるメニューを注文し、10枚のカードを集めたら「炭鉄港」のイラストが完成する!お店は歴史的な建造物も多く、周辺の見所も満載。
小樽へ行く方の参考になればと思います

1日で全部巡るために、どこから行くかの順序とスイーツの種類やテイクアウトできるものをチェックして…、この日だけは何もかも忘れてカロリー気にせず楽しもう~!!



とりあえず端のお店からスタートしようという事で、
1軒目「銀の鐘1号館」ケーキセット550円
202110241.jpg
観光客で賑わうメルヘン交差点の角にあるお店。重厚な佇まいは、昔、銀行だったから。
大正13年に中越銀行小樽支店として創建された後…、平成6年に「銀の鐘1号館」となりました。
そもそも、中越銀行は富山の銀行でした。北陸系の金融機関と小樽の関係というと、やはり北前船…!!

以前来た時は、ここの喫茶を利用した後のグラスを持ち帰る事ができ、お土産にも記念にもなってステキ…と思ったものでした。

あれ??閉まってる…??
202110242.jpg
コロナの影響で、臨時休館中…。残念
以前はお土産ものを見て休憩して…というだけでしたが、元銀行だった内部をゆっくり見たかったです~
※カードは近くの観光案内所でもらえました



気を取り直して、
2軒目「ルタオ本店」ジャージーミルクプリンソフト648円
202110243.jpg
本店だけにしかないオリジナルメニュー
2階の喫茶コーナーではなく、1階のメニューなので店内で座って食べる事が出来ず、外のベンチで…

202110245.jpg
美味しそう!!
下にプリン、上はプリンより大きなソフトクリームが4巻きくらいどーん!!傾いたら落ちそう…!濃厚だけどさわやかな甘さです。

ちょっと伝わりづらいのですが…
202110244.jpg
ものすごーく大きいのです!!
(※ホントに行ってますという証拠写真)
1軒目の分まで、ふたつ食べたくらいの満足感でした…



3軒目「杉養蜂園」巣房密ソフトクリーム830円
202110246.jpg
ここの前を通ると、蜂蜜の甘い香りとキレイなディスプレイに吸い寄せられてしまう…(ミツバチのように…)

860円のソフトとは値段的にも、ここのはきっと大きいゾ。と覚悟して行ったら…
202110247.jpg
あ、意外に小さい…
あまーい蜂蜜がかかっていて、しかもゼリーのブロックのようなものが!!
これが、蜂蜜の塊(これが巣房??)ものすごく美味しい…!!なんて高級感のあるソフト…。お値段に納得です!



外で食べるソフトクリーム系が続いてちょっと寒くなったので、ゆっくり座れる場所で違うものを…
4軒目「大正硝子くぼ家」黒ごまアラモード800円
202110248.jpg
ここは明治40年に建てられた旧久保商店(洋物・小間物店)。長らく「さかい家」というカフェとしてお馴染みだった場所です
もともと明治24年に小樽で履き物と玩具の卸問屋を創業したそうで、夕張にも出店して繁盛していたそうです!!明治24年前後といえば夕張炭山の開鉱、着手、採炭開始…の時期。これから夕張のまちが炭鉱によって栄えていくと予想していたのでしょうね!

202110249.jpg
店内も窓や床や引き戸など、レトロ感がたまりません。大きな金庫もインテリアになっていて、とっても落ち着く空間です。

2021102410.jpg
黒ごまアイス、白玉にきなこ、南部せんべいの、和スイーツ。
使用されている器は、北一硝子のものです。ホッとする美味しさ



どんどん行きます。
5軒目「松露庵」モンブランあんかすていら540円
2021102415.jpg
お祭りの露店でもベビーカステラ(東京ケーキと言ってたような…)は人気ですよね。
モンブラン味とは、秋ですね〜

2021102416.jpg
包み紙や、ひもの縛り方がさりげなくかわいい。これはお土産用としてお持ち帰り…!!



6軒目「可否茶館」クリームソーダ662円
2021102411.jpg
10月ですから、結構寒いのですが…頑張ります!!

2021102412.jpg
おーっと、アイスではなく、、ソフトクリームがどーん!!
今日はどーん!の連発です。
テイクアウトができるクリームソーダ。定番の美味しさです。(ホントは真夏に飲みたい…



7軒目「オタルcafeWOO」特製レモンスカッシュ450円
2021102413.jpg
昨年オープンしたお店。様々なドリンクメニューがあって楽しいです。
指定されたメニューは、人気のレモンスカッシュ。

2021102414.jpg
輪切りのレモンが入っていて、濃厚だけどスッキリ爽やかです!!
もちろんテイクアウトOK!(こちらも真夏に飲みたい…
手宮方面を見渡せる高い場所で…。


食べて飲んでばかりではありません。道中での見学もしっかりと。
まずは、三笠の石炭を運び出すために敷設された北海道初の鉄道、旧幌内鉄道(手宮線)跡へ。
2021102420.jpg
鉄道跡がこんな風に整備されていて、気軽に散策できるようになっています。
冬には「雪あかりの路」のメイン会場となる場所です。


中央市場にも行きました!
2021102421.jpg
ガンガン部隊にご挨拶!!


龍宮神社にも足を延ばして…
2021102418.jpg
榎本武揚さんにもご挨拶!!


ゆっくり見学した後は、残りのスイーツ巡りへ~



8軒目「遊菓」オタルレトロどらやき500円(2個入り)
2021102422.jpg
ここは、cafe色内食堂と、蕎麦の北勝庵と、遊菓の、3店舗が入っています。
大正9年に塚本商店小樽支店として創建し、昭和46年に総合即品問屋藤商店として使用されるなど、いく度かの使用履歴があります。
近江商人の塚本家が塚本商店として明治25年に営業を開始しました。大火にあった後、大正9年に新築されたそうです。
※cafe色内食堂は、ランチがとってもおすすめ。「色内弁当箱」や「小樽弁当箱」など、安くて美味しくて見た目もかわいいランチですよ(この日はさすがに食べてませんが

2021102423.jpg
こちらもお土産用として、お持ち帰り。
あんこ、カスタード、それぞれお餅の入った大きなふわふわのどら焼き。
パッケージの字体もレトロです。



9軒目「大正浪漫館cafeDECO」コーヒーフロートまたはオレンジフロート550円

2021102424.jpg
建物は明治41年に百十三銀行として創建されたもので、昭和中期には看板制作の会社フジモリ、昭和後期には千秋庵、平成15年に小樽浪漫館と至っています。

浪漫館で硝子のアクセサリーなど商品を見ながら奥へ進むと、土日しか営業していないcafeがあります!!ここは要チェック。
2021102425.jpg
店内の雰囲気すごくステキです…。

2021102426.jpg
定番、昔ながらのコーヒーフロート&オレンジフロート。やはりサクランボは必須ですね。ガラスのコースターもおしゃれです


段々と暗くなってきて…
ライトアップされた一段とステキな建物は…
2021102427.jpg
旧三井銀行小樽支店!!石積みの壁面にアーチ窓。様式の美しい外観にうっとり…。
昭和2年に創建され、平成14年の三井住友銀行小樽支店として閉鎖されました。
現在は「小樽芸術村」のひとつとしてニトリがイベントなどに活用されています。
小樽には立派な元銀行の建造物がいくつもありますね。銀行として使われなくなった後もしっかり活用されて、現在に歴史を伝えている…。素晴らしいですね



さて、いよいよラスト…
10軒目「Bar Ignis Otaru」小樽運河1400円
2021102428.jpg
とってもステキなUNWIND HOTEL &BAR OTARU。
昭和6年に越中屋ホテルとして建てられた歴史的建造物。
平成5年に小樽グランドホテルクラシックとなってからの馴染みが深いかも…。
入口やロビーや、重厚感もあり、おしゃれ過ぎます

オープンが19:30からの、こんな素敵なホテルのバーでいただけるのは…
2021102429.jpg
ホテルオリジナルブレンドのコーヒーゼリーやリンゴの自家製キャラメリゼのパフェ風カクテル。(ノンアルコールにもできます)カウンターでいただける至福の時間に夢心地…


炭鉄港カードをしっかり10枚揃えました
組み合わせて完成したイラストとは…???

とにかく、とっても楽しめました
このような企画がなければ知らなかったお店がたくさんありました!!
スイーツを食べながら、周辺のお店にも入り、おぉーという歴史的建造物も見学し、炭鉄港認定文化財にも立ち寄れます!いろいろな切り口から炭鉄港に興味を持つ方が増えそう…!

このイベントは10月末までとなっていますが、自分なりにコースを作って、小樽見学してみませんか?歴史的小樽のまちを再発見できますよ~
小樽のお店の皆さま、企画された皆さま、楽しいひと時を過ごす事ができました。
ありがとうございました!!
(空知でもやれたらいいな~)久々にカフェネタのOLでした





関連記事
スポンサーサイト



コメント