ぷらぷらまち歩き2023in岩見沢朝日&美唄我路のご案内 

本年はすでに15回中6回を終えたぷらぷらまち歩きシリーズですが、各回多くの皆様にご参加いただき、随分と盛り上がりを見せてきています。常連さんも多いですが初参加の方も多く、我々としても大変うれしい限りです。


さて、今週末のぷらぷら告知が遅れてしまいました。

まずは9月30日(土)は《朝日炭鉱と万字線の名残にふれる》と題し、朝日町内をぷらぷらします。

岩見沢朝日ぷらぷら2023

ガイドは私、平野です。

「朝日の町は比較的狭い範囲だし、朝日駅も良く見るし・・・」という想像を覆して行こうと思ってます。朝日駅舎はもちろん内部見学あり、朝日炭鉱連絡坑も間近で見学はもちろんとして、今回は炭住街、旧国鉄万字線のルートを頭に描けるような動線、そして断崖と深い幌向川に難航した万字線軽便鉄道開通までに犠牲になった方々への敬意を表し、不動の滝 (下画)の脇にある不動明王堂にもお参りできたら良いなと思ってます。ちなみにその不動の滝へのルートは旧道です。

IMG_3044.jpeg

また、終了時間によっては万字線鉄道資料展示室も見学できそうですし、「朝日といえば!」ぜひ高橋商店さんの「しめ鯖」をお土産にお帰りいただければ幸いです。朝日で昔ながらの売り方で鮮魚を扱い、しめ鯖も自家製の知る人ぞ知る逸品なのです。

IMG_3120.jpeg
(掲載許可をいただいております)


9月30日(土)の集合は13時に旧朝日小学校の手前にあった「朝日医院(旧朝日炭鉱病院)跡」となります。この敷地利用、また坑口見学等は岩田地崎建設様のご協力をいただいておりますことを申し添えます。

ぜひお気軽にご参加ください。
少雨決行、一般1,000円、NPO会員500円(随行者も500円)です。



そして翌日10月1日(日)はその名もシンプルに《我路を巡る》となります。

美唄我路ぷらぷら2023

ガイドは美唄鉄道保存会会員であり、当NPO会員でもある谷川毅さんです。
我路というエリアパワーと谷川さんの博識ぶりで非常に有意義なぷらぷらになると思います。

(↓以前のぷらぷらオンラインの谷川さんの回です)
https://youtu.be/Z9mvmmPwwGw?si=bz73n-vb-hoMpVl2

こちらの集合場所は美唄国設スキー場前!
他のぷらぷらまち歩きと同様に一般1,000円/NPO会員500円(随行者も500円)となります。

ぜひお気軽にご参加ください。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する