今週末のぷらぷらまち歩きは炭鉄港新規加入記念で江別市「赤れんが」の里を巡ります。 

理事長の平野です。

いつもぷらぷらまち歩きに多くのご参加をいただき、心から感謝申し上げます!
ほぼ毎週開催しているので、1週間の経つのが異様に早い今日この頃です。

さて、今週末のぷらぷらまち歩きは、先日、新たに炭鉄港推進協議会入りを果たした江別市で開催です。江別の炭鉄港的ポテンシャルは非常に高く、夕張から野幌へと繋がった北炭が敷いた夕張鉄道の終点でもあるため鉄道の要素も強く、なおかつ石狩川物流の拠点ともいえる江別港としても大きな存在感を示していました。

そして何より、江別の「赤れんが」は北海道開拓期から長きにわたり、あらゆる構造物に使用されてきました。明治31年には北炭がレンガ工場を本格稼働し、それはそれは炭鉄港界隈にも多大なる貢献をしてきたわけです。

よって今回は10月9日(月・祝)13時30分開始で江別市です。
江別産の美しい赤煉瓦の魅力に迫ります。

スクリーンショット 2023-10-06 092235

ガイドは当セラミックアートセンターの兼平一志館長が行う豪華版!(このセラミックアートセンターはこれまたマニア心を刺激する魅力的な展示がわっさりなのです)

非常に見どころのあるセラミックアートセンター館内見学から始まり、複数のレンガ建築物の外観観察等をしながら進み、あさひが丘地区(旧土取場説明)⇒JR 野幌駅(外観見学)⇒EBRI(店内外見学)となる予定です。良い写真も沢山撮れそう!

今回は歩く距離も結構長めかもしれませんが、その分、見どころもたっぷりです。れんがに対する概念が変わるかもしれません。そして、、もしかしたら岩見沢複合駅舎ファンならだれでも知っている「小端空間積み」の現物も見られるかも!!

ぜひお気軽にご参加ください!

10月9日(月・祝)
13時30分開始!
江別市セラミックアートセンター集合です。


炭鉄港で学びの秋を堪能しましょうね!


*当初予定(全体版のチラシ)ではレンガ生産工場も立ち寄る予定でしたが、時間の都合上、今回はやむなく割愛となっていますことをご了承ください。



「SNS等への写真掲載について」
NPO法人炭鉱の記憶推進事業団ではぷらぷら歩きなどのイベント開催時に、記録としてその様子を撮影し、画像を当NPO公式ブログやFacebook、YouTube等のSNSで使用する事がございます。
ネット上に公開する写真は、人物の正面はできるだけ避けたもの、遠くから小さく写っているもの、なるべく後ろ姿のもの、などの配慮に心がけたいと思いますが、何卒ご理解ご了承くださいませ。
参加者個人のSNS等への投稿も、個人の方が特定できるような写真や動画などにつきましては、プライバシーの侵害にあたる場合もございますので、十分にご注意ご配慮くださいますようよろしくお願いいたします。
尚、どうしても写りたくないという方は、ご自身で対策等をされるなどして、参加をご検討くださいますようよろしくお願い申し上げます。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する